延命治療する?しない?食べられなくなった時に知っておきたい事

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)後の高齢者の場合、徐々に歳をとるにつれて、またくり返し脳卒中や誤嚥性肺炎を起こすことによって、さらには認知症の影響で、口から食べることが難しくなる場合があります。 口から食べられなっ […]

続きを読む

胃ろうをつくるとどのくらい生きられるのか?途中でやめることはできる?

何らかの原因で口から食べられなくなって、他の栄養を摂る手段を考えなくてはならない場合、選択肢の一つとして胃ろうがあります。 選択するにあたって、実際に胃ろうをつくるとどのくらい生きられるのか、また、途中で胃ろうをやめるこ […]

続きを読む

延命治療とは?種類と高齢者の延命治療のメリット・デメリットについて

  高齢者が入院されると遅かれ早かれ、医師から家族に延命治療をするかどうかの確認があると思います。 リビングウィルなどで、本人の意志がはっきりとわかるのであればそれに従えばよいのですが、本人の意志が分からない場合は、家族 […]

続きを読む

認知症で口から全く食べられなくなったら?何もしないとどうなるのか?

認知症の末期になると、食事を一切食べようをしない方がいます。 食べ物を口元に持っていっても、口を開かなかったり、口が開いて食べ物が口の中に入っても、飲みこまず、ひどい場合吐き出されることもあります。 ありとあらゆる手段を […]

続きを読む

日野原重明氏のような「人生の終え方」をするためのリビングウィルとは

   平成29年7月18日、聖路加国際病院名誉院長の日野原重明氏が105歳で死去しました。 100歳を超えても現役の医師として活躍されたことで有名ですが、経歴を紐解くと数々の功績を残していらっしゃいます。 1970年にお […]

続きを読む

口から食べられなくなった時、栄養を点滴でいれるってどういうこと?

高齢者認知症や脳卒中後などの嚥下障害で、口から食べられないと診断され、今後どうするかを考えるにあたり、医師から大抵次の4つの選択肢があげられるのではないかと思います。 鼻からチューブを入れる 胃ろうをつくる 点滴で高カロ […]

続きを読む

口から食べられない時、鼻からチューブを入れて栄養を摂るってどういうこと?

高齢者の脳卒中後や認知症の末期の嚥下障害で、口から食べられないと診断され、今後どうするかを考えるにあたって、医師から大抵次の4つの選択肢があげられるのではないかと思います。 鼻からチューブを入れる 胃ろうをつくる 点滴で […]

続きを読む

胃ろうのデメリットとは?胃ろうを選択するときに知っておくべきこと

口から食べられなくなった時に栄養を補う手段のひとつとして胃ろうがあります。 胃ろうは、胃に穴をあけて管を通し、栄養剤を流し込む人工栄養法の一つです。 胃ろうを選択するかどうかを決めるためにはメリットとデメリットの両方を知 […]

続きを読む

胃ろうにもメリットはある!点滴や鼻からチューブを入れる栄養法と比較して

食べる楽しみがなく、直接胃の中に栄養剤を、朝・昼・晩と機械的に注入されて、「生かされている」だけ、というイメージがある胃ろう。 そういうイメージから胃ろうを作ることを拒否される方や、ご家族が多くいらっしゃいます。 もちろ […]

続きを読む

口から食べられなくなり、胃ろうをすべきか迷うときに考える2つの事

高齢者認知症や嚥下障害で、口から食べられないと診断され、今後どうするのかを考えるにあたって、医師からは大抵次の4つの選択肢が挙げられると思います。 胃ろうを造って栄養を摂る 鼻チューブを入れて栄養を摂る 高カロリーの点滴 […]

続きを読む