【ためしてガッテン】唾液パワーと最新ドライマウスの原因と対処法

2018年7月4日に放送された【ためしてガッテン】は、免疫力UP&口臭予防!唾液パワー全開SPでした。この放送ではドライマウスについて最近明らかになってきた原因と、その対処法についても取り上げられました。この記事では放送の内容をまとめると共に、言語聴覚士からの視点でさらに情報を補ってお伝えしたいと思います。

続きを読む

パーキンソン病を分かりやすく説明。症状、治療法。摂食・嚥下障害にも注意

この記事ではこのパーキンソン病について、分かりやすく症状や治療法などを説明します。また摂食・嚥下障害になる方も非常に多いので、パーキンソン病の方が安全に食事をするために注意して頂きたいことも合わせてお伝えします。

続きを読む

もちをのどに詰まらせないために~安全な食べ方と予防法

毎年お正月には、餅をのどに詰まらせて救急搬送される方が少なからずいらっしゃいます。2018年の元旦には15名の方が救急搬送され2名が亡くなっています。この記事では、なぜ餅をのどに詰まらせてしまう事故が絶えないのか、その事故を予防するために安全に餅を食べる方法、そしてのどのトレーニングについて紹介します。

続きを読む

摂食・嚥下障害の基礎知識からリハビリテーション、困りごとへの対処法まで

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)後に食べること、飲みこむことがむずかしくなる摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害の基礎知識から、リハビリテーション、摂食・嚥下にまつわる困りごとへの対処法までまとめました。

続きを読む

胃ろうをつくるとどのくらい生きられるのか?途中でやめることはできる?

何らかの原因で口から食べられなくなって、他の栄養を摂る手段を考えなくてはならない場合、選択肢の一つとして胃ろうがあります。実際に胃ろうをつくるとどのくらい生きられるのか、また、途中で胃ろうをやめることはできるのか、ということについて胃ろうの目的別にお伝えします。

続きを読む

飲みこみにくいと感じている若い人急増中。のどの老化を予防するトレー二ング方法は?

今、若い人でも飲みこみにくさを感じている人が増えているそうです。もしかしたら、それはのどの老化によるものかもしれません。老化現象を止めることはできませんが、のどを鍛えるようなトレーニングや日常生活の心掛けで老化の進行を緩やかにすることは可能です。のどが老化することについて詳しく説明し、のどのトレーニング方法や日常生活上での心掛けについてお伝えします。

続きを読む

市販(レトルト・冷凍)の嚥下食の見分け方と入手法について。オススメも紹介。

在宅で嚥下障害の介護をしている場合、食事作りの負担は大きいもの。市販(レトルト・冷凍)の嚥下食を上手く利用するのも一つの方法です。市販の嚥下食の見分け方や入手法、私がおすすめする嚥下食をご紹介したいと思います。

続きを読む

認知症で口から全く食べられなくなったら?何もしないとどうなるのか?

認知症の末期になると、食事を一切食べようをしない方がいます。主治医から「口から食べられない」と診断され、胃ろうや鼻チューブ、点滴などの延命治療を選択しなかった場合に、どういう状況になるのかお伝えしたいと思います。

続きを読む

高齢者嚥下障害の方が食べやすい食事とは?食材別の食べやすさの工夫と注意するべき点

脳卒中などで嚥下障害になったにもかかわらず、リハビリをして食べられるようになり、自宅へ退院できるようになった場合に、嚥下障害でも食べやすい食事をどう作るかという問題が浮上します。ここでは、自宅でできる食材別に食べやすくする工夫と、逆に食べるときには注意しなくてはならないことについてお伝えします。

続きを読む

脳卒中で入院直後水を飲ませるのはなぜ危険?注意点と正しい方法とは?

脳卒中の入院直後には嚥下障害による誤嚥のリスクが高いということを家族が知らないまま飲ませてしまい、医者や看護師から注意を受けてしまったという方も少なくないのではないでしょうか。この記事では、なぜ危険なのか、そしてどうしても水を飲ませたい場合の注意点と正しい方法をお伝えしたいと思います。

続きを読む