脳卒中で入院直後水を飲ませるのはなぜ危険?注意点と正しい方法とは?

脳卒中の入院直後には嚥下障害による誤嚥のリスクが高いということを家族が知らないまま飲ませてしまい、医者や看護師から注意を受けてしまったという方も少なくないのではないでしょうか。この記事では、なぜ危険なのか、そしてどうしても水を飲ませたい場合の注意点と正しい方法をお伝えしたいと思います。

続きを読む

嚥下食でサンマを食べるには?嚥下障害があっても、旬のサンマを食べさせたい!

嚥下障害の方にとってはサンマの塩焼きはとても食べにくい食べ物の一つです。しかしサンマは高齢者にとって是非取って頂きたい栄養素もたくさん含まれています。この記事では嚥下障害の方でもサンマを食べられる3つの提案をしています。

続きを読む

寝たきり高齢者の口はなぜ乾燥する?原因と3つの対処法

口から食べられず寝たきりになっている高齢者は口の乾燥に悩まされます。口の中が乾燥している状態というのは、本人の不快感、痛みを伴いますし、風邪や肺炎を引き起こす原因となります。口が乾燥する原因と対処法を3つお伝えします。

続きを読む

脳卒中後の構音障害とは?嚥下障害への影響と改善へのキーポイント

この記事では、摂食・嚥下障害に合併しやすい後遺症のうちの一つ「しゃべりにくさ」の障害について説明します。専門用語で構音(こうおん)障害と言います。構音障害とはどういう障害なのか、また、嚥下障害にはどう影響するのか、そして構音障害のリハビリテーションの方法もお伝えします。

続きを読む

脳卒中後・嚥下障害のリハビリはどのように行われる?効果的にリハビリを行うために

脳卒中(脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血)を発症すると、治療と共にすぐにリハビリテーションが開始になります。 リハビリテーションは発症からの時期によって大きく急性期、回復期、維持期の3つに分けて考えます。 その時期に合わせたリハビリテーションの方法と、効果的にリハビリをするために知っておくべきこと、そして家族ができることをお伝えします。 リハビリテーションの時期 リハビリテーション

続きを読む

高齢者嚥下障害の方にできるだけ安全に食べてもらうための食事介助のコツ

高齢者の嚥下障害の方では、自分で食べることができないけれど、お手伝いをすることで食べることができる方がたくさんいます。食事介助の方法次第で誤嚥性肺炎を防ぐこともできます。高齢者嚥下障害の方の食事介助のコツをお伝えします。

続きを読む

口から食べられなくなった時、栄養を点滴でいれるってどういうこと?

高齢者認知症や脳卒中後などの嚥下障害で、口から食べられなくなった時の選択肢の一つとして中心静脈栄養があります。この記事では中心静脈栄養のメリット、デメリット、適応などをお伝えしています。

続きを読む

口から食べられない時、鼻からチューブを入れて栄養を摂るってどういうこと?

高齢者認知症や脳卒中後などの嚥下障害で、口から食べられなくなった時の選択肢の一つとして鼻からチューブを入れて栄養をとる経鼻経管栄養という方法があります。この記事では経鼻経管栄養のメリット、デメリット、適応などをお伝えしています。

続きを読む