小室哲哉氏会見からKEIKOの病状と介護の現状を推察すると

2018年1月19日に小室哲哉氏が記者会見を行い、引退を発表しました。小室さんの奥様KEIKOさんはくも膜下出血で倒れ、現在病気療養中ですが、会見のなかでKEIKOさんの現在の病状も語られました。その記者会見で語られた内容からKEIKOさんが今どのような状態なのか推測してみたいと思います。

続きを読む

高次脳機能障害を分かりやすく説明すると?摂食・嚥下障害への影響は?認知症との区別は?

脳卒中後の後遺症の中でも非常に分かりにくいのが「高次脳機能障害」ではないでしょうか?人間は常に当たり前のように高次脳機能を使って生活しています。逆に言うと、この機能が障害されるととても生きにくくなります。この記事では、高次脳機能障害についてできる限り分かりやすく説明し、摂食・嚥下障害への影響や認知症との区別についてもお伝えします。

続きを読む

脳卒中退院後の新生活を支える介護保険制度と介護サービスとは

脳卒中で入院、リハビリをして、退院した後の新生活で本人や介護する家族の負担を少しでも減らすために、介護保険制度と介護サービスがあります。この記事では、退院後の新生活を支える、介護保険制度と介護サービスについてまとめてみました。

続きを読む

回復期リハビリとは?入院の条件や内容、そして脳卒中の後遺症は治るのか?

脳卒中(脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血)で入院し、治療が一通りすんで状態が落ち着いてくると、後遺症の状態によって回復期リハビリテーション病院への転院をすすめられます。ここでは、回復期リハビリテーションの内容や、入院の条件、また回復期リハビリを受けることによって脳卒中の後遺症は治るのか、ということについてお伝えしています。

続きを読む

rt-PA静脈注射療法~脳梗塞の治療について分かりやすく説明

脳梗塞の治療法の一つrt-PA静脈注射療法について詳しく説明しています。劇的な効果が期待できる一方で、リスクもあり、使用条件も厳しいものがあります。この薬が使えるのは発症後4.5時間以内。脳梗塞が疑われたら早急に専門の医療機関にかかることが重要です。

続きを読む

夏の脳梗塞を予防~脱水症に注意!

脳梗塞は夏に発症しやすいと言われています。夏は気温が高く汗をかくため体内の水分が少なくなる脱水症になりやすくなります。血液も流れにくくなるため、血管が詰まりやすくなるのです。脱水症を防ぐための水分補給のタイミングと方法についてお伝えしています。

続きを読む

くも膜下出血の症状、治療、合併症とは? 原因は脳動脈瘤の破裂。予防法も。

重い後遺症が残ったり、最悪の場合は致命的となる可能性もあるくも膜下出血。くも膜下出血の症状と治療、そして怖い合併症についてお伝えしています。またくも膜下出血は、脳動脈瘤の破裂で起こると言われています。脳動脈瘤はなぜできるのか、予防するにはどうしたらいいのか考えます。

続きを読む

脳梗塞を分かりやすく説明すると?種類、治療法、後遺症について

脳梗塞とは脳内の血管が詰まることで血流が滞り、その先の脳神経細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなる病気です。その結果、脳神経細胞が壊死し、手足の麻痺や言語障害などの後遺症が残り、重篤な場合は寝たきりになったり、命を奪う可能性があります。この記事では、脳梗塞についてどんな病気なのか、できるだけ分かりやすく説明しています。

続きを読む

脳出血とは?原因は高血圧。自分も遺伝する?脳出血を予防するには?

親や兄弟が脳出血で倒れた場合、もしかして遺伝で自分も脳出血になるのではないかと心配になりませんか?ここでは脳出血の最大の原因、高血圧について詳しく説明し、どうしたら脳出血を予防できるのか考えます。

続きを読む