落ちベロとは?言語聴覚士が伝える、原因とさらに効果UPの改善法

みなさんは、「落ちベロ」って聞いたことがありますか? 最近、健康系のテレビ番組でよく「落ちベロ」が取り上げられています。 その原因、Xにあり!(フジテレビ2017年12月16日放送) 名医のTHE太鼓判! (TBS 2018年2月19日放送) 落ちベロがあると、食べ物をつまらせたり、食べているときにむせやすかったり、さらには誤嚥性肺炎を引き起こす危険があるというのがほとんどの番組の内容でし

続きを読む

誤嚥性肺炎の基礎知識~予防法、リハビリテーションについて

誤嚥性肺炎という病気をご存知でしょうか? 肺炎は、がん、心疾患についで日本人の死亡原因の第3位になっています。 その肺炎で亡くなる方の97%は高齢者という統計もあります。 高齢者になると誰でもかかる可能性のある肺炎ですが、その中でも飲みこむ力が低下することによって起こる誤嚥性肺炎にターゲットを絞り、誤嚥性肺炎の基礎知識から、予防法、リハビリテーションについてまとめました。 そもそも

続きを読む

飲みこみにくいと感じている若い人急増中。のどの老化を予防するトレー二ング方法は?

飲みこみにくいというと、高齢者に多いイメージがあると思います。 しかし今、若い人でも飲みこみにくいと感じている人が増えているそうです。 例えば、薬やサプリメントを飲みこむとき、どうですか? 粒が大きいから 一度にたくさん飲むから 飲みこみにくいと思っていませんか? もしかしたら、それはのどの老化によるものかもしれません。 他に次のような症状はありませんか?

続きを読む

高齢者嚥下障害の方が食べやすい食事とは?食材別の食べやすさの工夫と注意するべき点

  脳卒中などで嚥下障害になったにもかかわらず、懸命にリハビリをして食べられるようになり、自宅へ退院できるようになった場合にひとつ問題になりやすいのが、嚥下障害でも食べやすい食事をどう作るかということがあります。   ここでは、自宅でできる食材別に食べやすくする工夫と、逆に食べるときには注意しなくてはならないことについてお伝えします。 摂食嚥下障害になると 食べ物を口の中に取り込

続きを読む

寝たきり高齢者の口はなぜ乾燥する?原因と3つの対処法

摂食嚥下障害があって口から食べられず、寝たきりになっている高齢者はよく、口の乾燥に悩まされます。 本人が口が渇いて、何か飲みたいと訴えていても、そもそも嚥下障害があるので、水を飲ませるわけにはいきません。 こういう方は口が開いたままのことも多いのですが、自分で口を閉じることを意識する、というのも難しい状態です。 特に秋から冬は空気が乾燥してくる上に、寒くなってくると室内の暖房などによっても乾

続きを読む

脳卒中後の構音障害とは?嚥下障害への影響と改善へのキーポイント

脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)が原因で食べられなくなったり、飲みこめなくなる摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害になった場合、脳の損傷部位によっては、ほかの後遺症も合わせもつ場合があります。 その後遺症が摂食・嚥下障害にも大きな影響を与えることもあります。 ここでは摂食・嚥下障害に合併しやすい後遺症のうちの一つ「しゃべりにくさ」の障害について説明します。 専門用語で構音(こうおん

続きを読む

脳卒中後・嚥下障害のリハビリはどのように行われる?効果的にリハビリを行うために

脳卒中(脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血)を発症すると、治療と共にすぐにリハビリテーションが開始になります。 リハビリテーションは発症からの時期によって大きく急性期、回復期、維持期の3つに分けて考えます。 その時期に合わせたリハビリテーションの方法と、効果的にリハビリをするために知っておくべきこと、そして家族ができることをお伝えします。 リハビリテーションの時期 リハビリテーション

続きを読む

高齢者嚥下障害の方にできるだけ安全に食べてもらうための食事介助のコツ

高齢者の嚥下障害の方では、自分で食べることができないけれど、お手伝いをすることで食べることができる方がたくさんいます。 スムーズに食べてくれる場合はいいのですが、なかなか飲み込まなかったり、誤嚥する危険があったり、むせてしまったり、いろいろトラブルがつきものです。 ここでは、できるだけ安全に食べて頂けるような食事介助の基本となるコツをお伝えしたいと思います。 食事はできるだけ30分以内に

続きを読む

胃ろうのデメリットとは?胃ろうを選択するときに知っておくべきこと

口から食べられなくなった時に栄養を補う手段のひとつとして胃ろうがあります。 胃ろうは、胃に穴をあけて管を通し、栄養剤を流し込む人工栄養法の一つです。 胃ろうを選択するかどうかを決めるためにはメリットとデメリットの両方を知る必要があります。 この記事では胃ろうのデメリットについてお伝えします。 胃ろうのメリットについてはこちらの記事を参照してください。    胃ろうのデメリッ

続きを読む

繰り返す誤嚥性肺炎のリスク~できるだけ再発を予防するための方法

日本人の死亡原因の第3位である肺炎。 肺炎で亡くなるのは75歳以上の高齢者で、そのほとんどが「繰り返す誤嚥性肺炎」によるものといわれています。 たかが肺炎、されど肺炎。 誤嚥性肺炎は命を奪ってしまうほど、危険なものなのでしょうか? なぜ誤嚥性肺炎は繰り返してしまうのでしょうか? これらの疑問を考えるとともに、誤嚥性肺炎の再発を予防するための方法をお伝えします。 誤嚥性肺炎と

続きを読む