誤嚥性肺炎になったら、本当に口から食べられないのか?

誤嚥性肺炎と診断されると、抗生物質による治療が開始されるとともに、発熱や咳などの症状が落ち着くまで、食事が止められます。誤嚥性肺炎になったからといって、必ずしも口から食べられない訳ではありません。口から食べられない場合はどういう時なのか、また再び口から食べるのに必要なことは何なのかお伝えします。

続きを読む

誤嚥ってそんなに危険?脳卒中急性期の嚥下障害で誤嚥を防ぐ2つの鉄則とは。

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)を発症すると、急性期には約30%に嚥下障害がみられます。言語聴覚士が、脳卒中を発症したばかりの患者さんに一番気にかけることは「誤嚥」です。誤嚥がどういうものなのか、誤嚥するとどうなるのか、そして誤嚥を防ぐための鉄則をお伝えしています。

続きを読む

「口から食べられない」ってどういうこと?専門家はどう判断しているの?

脳卒中後に食べられなくなったり、飲みこめなくなる摂食・嚥下障害という後遺症が残ることがあります。「口から食べられるかどうか」の判断は飲みこみの専門家である言語聴覚士の仕事のひとつです。この記事では、言語聴覚士が患者さんをどのように診て評価をしているのか、お伝えしています。

続きを読む