脳卒中後・嚥下障害のリハビリはどのように行われる?効果的にリハビリを行うために

脳卒中(脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血)を発症すると、治療と共にすぐにリハビリテーションが開始になります。 リハビリテーションは発症からの時期によって大きく急性期、回復期、維持期の3つに分けて考えます。 その時期に合わせたリハビリテーションの方法と、効果的にリハビリをするために知っておくべきこと、そして家族ができることをお伝えします。 リハビリテーションの時期 リハビリテーション

続きを読む

高齢者嚥下障害の方にできるだけ安全に食べてもらうための食事介助のコツ

高齢者の嚥下障害の方では、自分で食べることができないけれど、お手伝いをすることで食べることができる方がたくさんいます。食事介助の方法次第で誤嚥性肺炎を防ぐこともできます。高齢者嚥下障害の方の食事介助のコツをお伝えします。

続きを読む

口から食べられなくなった時、栄養を点滴でいれるってどういうこと?

高齢者認知症や脳卒中後などの嚥下障害で、口から食べられなくなった時の選択肢の一つとして中心静脈栄養があります。この記事では中心静脈栄養のメリット、デメリット、適応などをお伝えしています。

続きを読む

口から食べられない時、鼻からチューブを入れて栄養を摂るってどういうこと?

高齢者認知症や脳卒中後などの嚥下障害で、口から食べられなくなった時の選択肢の一つとして鼻からチューブを入れて栄養をとる経鼻経管栄養という方法があります。この記事では経鼻経管栄養のメリット、デメリット、適応などをお伝えしています。

続きを読む

胃ろうのデメリットとは?胃ろうを選択するときに知っておくべきこと

口から食べられなくなった時に栄養を補う手段のひとつとして胃ろうがあります。胃ろうは、胃に穴をあけて管を通し、栄養剤を流し込む人工栄養法の一つです。胃ろうを選択するかどうかを決めるためにはメリットとデメリットの両方を知る必要があります。この記事では胃ろうのデメリットについてお伝えします。

続きを読む

胃ろうにもメリットはある!点滴や鼻からチューブを入れる栄養法と比較して

食べる楽しみがなく、「生かされている」だけ、というイメージがある胃ろう。そんなイメージから胃ろうを作ることを拒否される方や、ご家族が多くいらっしゃいます。しかし、胃ろうにも他の栄養を摂る手段と比べてメリットもあります。胃ろうのメリットを最大限に生かす方法についてお伝えします。

続きを読む

口から食べられなくなり、胃ろうをすべきか迷うときに考える2つの事

高齢者認知症や嚥下障害で、口から食べられないと診断された時、本人が判断できない場合は家族が今後のことを決めるのにとても悩みます。ここでは胃ろうについてと、胃ろうをすべきか迷う時に考える2つのことをお伝えしたいと思います。

続きを読む