認知症で口から全く食べられなくなったら?何もしないとどうなるのか?

   

sponsored Link

認知症の末期になると、食事を一切食べようをしない方がいます。

食べ物を口元に持っていっても、口を開かなかったり、口が開いて食べ物が口の中に入っても、飲みこまず、ひどい場合吐き出されることもあります。

ありとあらゆる手段を主治医、看護師、ご家族と検討しても、改善の余地がない場合は、「口から食べられない」と診断されます。

こうなった場合、主治医から以下の4つの選択肢が示されることが多いです

 

  • 鼻からチューブを入れて栄養を入れる
  • 胃ろうを造って栄養を入れる
  • 点滴で高カロリーの輸液を入れる
  • 何もしない(最低限の補液だけする場合も含む)

 

本人が認知症の場合は自分で判断することは難しいため、ご家族が選択することになると思いますが、この選択は非常に悩ましいものです。

上の3つは延命治療になり、一度始めるとなかなか今度は止めることが出来ません。

かといって、何もしないという選択も見殺しにしているような気持ちにもなります。

 

医療の発展のおかげで、治療によっていくらでも命を永らえさせることが出来るようになってしまったがために、このような状況での悩みが発生しているのかもしれません。

本来、「死」は誰にでも最後に起こるものであり、一昔前は口から食べられなくなれば、徐々に体力が落ち、動けなくなって、穏やかに死んでいくのが自然の人間の姿でした。

ここでは、口から食べられないと診断された時、胃ろうや鼻チューブ、点滴などの延命治療を選択しなかった場合に、どういう状況になるのかお伝えしたいと思います。

『「平穏死」のすすめ』より

 

 

これは、特別養護老人ホーム(以下特養) 芦花ホームの常勤医、石飛幸三氏が書かれた本です。

石飛氏が勤務する芦花ホームでは、入所者が口から食べられなくなったらその方の寿命と考え、点滴などはせず穏やかに看取りをしています。

もちろんそのために、スタッフと家族と、どのように看取りをしていくか何度も話し合いもされるそうです。

 

具体的には

  • 過剰な栄養や水分は入れない
  • 経管栄養はしない
  • 口腔ケアをしっかりする

 

もし、延命治療をしない場合に、どのような形で看取ることになるのか、この本には次のように書かれています。

入所者が食べられなくなってからの最後の数日間の様子を見ていると、喉の渇きや空腹を訴える方に出会ったことがありません。何も体に入っていないのにおしっこが出ます。自分の体の中を整理整頓しているかのようです。ある人はこれを氷が溶けて水になっていくのと同じで、体が死になじんでいく過程だと言います。このような状態では体から自然に麻薬用物質であるエンドルフィンが出ると言われています。だから苦痛がないのだと言います。私にはその感じがよく判ります。せっかく楽に自然に逝けるものを、点滴や経管栄養や酸素吸入で無理矢理叱咤激励して頑張らせる。顔や手足は水膨れです。我々は医療に依存し過ぎたあまり、自然の摂理を忘れているのではないでしょうか。

引用元:石飛幸三著 『口から食べられなくなったらどうしますか「平穏死」のすすめ』

 

 

延命治療をしない場合

本人にとっては

苦しまず、穏やかに逝くことができる。

 

家族にとっては

芦花ホームで家族を看取った方々からは、その後感謝の手紙が多く寄せられるのだそうです。

スタッフ側が何度も看取りについてご家族と話し合うことによって、ご家族も看取るということを理解し、覚悟を決めたうえでの看取りとなるため、家族にとっても一つの達成感、安堵感を感じられることが多いようです。

また、ただでさえ長期間にわたる介護生活を延命治療によって長引かせなかったことによって、入院費や治療費が抑えられるだけではなく、家族の精神的負担も減らすことが出来ます。

 

社会的には

延命治療のために入院し、病院のベッドを埋めてしまうことになると、本当に治療が必要な患者の治療が出来なくなってしまうこともあります。

また、治療に莫大な医療費がかかってしまいます。

 

延命治療をしても、しなくても選択は自由

sponsored Link

ここからは私個人の意見です。

延命治療を選択するか、しないかは、1番は本人の意思が尊重されるべきだと思います。

もし、元気な時にそのような話をする機会があって、本人の意思をご家族が聞いているのであればそれに従うのが一番だと思います。

また、リビングウィルなどが残っているのであれば、それに従うのが一番です。

リビングウィルについてはこちらの記事をご参照ください 

 

リビングウィルなどがなく、本人の意思が分からない場合が困ります。

ご家族が「1分でも、1秒でも、長く生き続けてほしい」という考えだったり、最後の最後まで治療の限りを尽くすべき、という考えであれば延命治療を選択すればよいと思います。

でも、もう十分生きただろうし、寝たきりの状態で息だけしている状態で生かされているのを見るのも忍びないという考えであれば、延命治療をしないという選択もありだと思います。

そして、延命治療をしないという選択をしても、決して自分を責めることはないと思います。

 

石飛氏は次のように語っています。

 我々にとって、家族にとって、何もしないことは心理的負担を伴います。口から食べられなくなった人に、胃ろうという方法があるのに、それを付けないことは餓死させることになる、見殺しだと考えます。栄養補給や水分補給は人間として最低限必要な処置だ、それを差し控えるのは非人道的だと思ってしまうのです。しかしよく考えてみてください。自然死なのです。死なせる決断はすでに自然界がしているのです。少なくとも神様は責めるはずはありません。医師も家族も「自分が引導を渡した」ことになりたくないなどと思うのは錯覚に過ぎません。

引用元:石飛幸三著 『口から食べられなくなったらどうしますか「平穏死」のすすめ』

 

自分の最後を考える

今、自分が親の終末期を迎えている方は、あと10年、20年、30年後にはご自分が終末期を迎えることになります。

あなたは、どのように終末期を迎えたいですか。

一度考えてみてはいかがでしょうか?

そして、それをリビングウィルという形で残しておけば、あなたの息子さん、娘さんは同じように悩むことはないと思います。

リビングウィルは何度も書き換えることは可能です。

これを機会に一度作ってみてはどうでしょうか?

 

 

まとめ

言語聴覚士は、食べられない人を少しでも食べられるようにするのが仕事であり、やりがいであり、喜びです。

でも、どうしても食べられない人、食べようとしない人に出会います。

石飛氏の本を読むまでは、そういう方に出会うたびに自分の無力感に苛まれていました。

あの手この手を使って食べてもらうために最善は尽くします。

でも本人がどうしても食べようとしない、食べられない場合は、その方の寿命であり、もう食べることを必要とされていないのだ、と理解することで、また違った角度からアプローチをすることができるようになりました。

延命治療を望まれなかった場合、口から食べることをを無理強いすることはせず、ご本人と、ご家族が最後に食べたいもの、食べさせたいものを味わってもらうようにしています。

ご家族の方が延命治療をするか、しないかを悩まれる場面も今まで多く見てきました。

始めは何もしないと決めても、悩んだ挙句、栄養を入れる決断をされた方もいます。

どちらに決めても「これでよかったのだろうか」と悩むことは変わりないのかもしれません。

そんな悩んでいるご家族にとって、もし「何もしない」という選択をされても、少し気持ちが軽くなることを願って、この記事を書きました。

そして、少しでも多くの方がリビングウィルを残すということで、このようなことで悩む人が少なくなるのではないかと思っています。

sponsored Link

 

 - 終末期 , , , , , ,