ようこそ

このブログでは、
脳卒中後や認知症の方のリハビリを行う
言語聴覚士のつばめが、
障害があっても、認知症でも、
人生を最後まで元気に
生ききってほしいという思いのもと、

専門的な内容を、誰にでも分かりやすく
お伝えしています。

 

こんな内容が書かれています!

読みたいところへジャンプできます!

 

最新記事はこちら

家族の認知症が心配!対処法~家族だからこそできること・やってはいけないこと
最近、うちの父の様子がおかしくて、 心配して病院に連れていったら、 認知症の初期の状態と言われた… ショックで何も手につかない… 何かしてあげたいけれど、 何をしてあげ
2018-11-02 21:50

 

 

 
 
 

摂食・嚥下障害について

脳卒中の後遺症などで、食べたり、飲みこんだりすることが難しくなることがあります。
食べること、飲みこむことの障害摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害と言います。
 
 
摂食・嚥下障害についてはこちらから

 

 

誤嚥性肺炎について

高齢者の死亡原因の一つである肺炎。そのほとんどが誤嚥性肺炎によるものと言われています。
誤嚥性肺炎は、飲みこむ力が衰えることが誘因。
なぜ誤嚥性肺炎が起こるのか、誤嚥性肺炎を防ぐ方法はないのか、詳しくお伝えしています。
 
 
誤嚥性肺炎についてはこちらから

 

 

脳卒中について

脳卒中とは、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血のこと。
突然起こる脳卒中についてと後遺症、リハビリテーションについて詳しくお伝えしています。
 
 
脳卒中についてはこちらから

 

 

生活習慣病について

脳卒中の原因は、生活習慣病です。
日頃の生活習慣が、高血糖、高血圧、脂質異常症などの病気をつくっていきます。
生活習慣病についての基礎知識や、予防方法などについて詳しくお伝えしています。
 
 
生活習慣病についてはこちらから

 

 

認知症について

2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人は認知症になると推定されています。
認知症については、今だ治療の方法は確立されていません。
しかし、予防したり、発症を遅らせる方法は研究の結果明らかにされてきています。
認知症のリスク要因や予防法について詳しくお伝えしています。
 
 
認知症についてはこちらから
さらに、認知症予防の方法については
こちらのメール講座でもっと詳しくお伝えしています。
50代、60代の認知症が気になる世代はもちろん、
30代、40代の若い世代から認知症予防を意識していくことが大切です。
「今すぐ!始める認知症予防」
無料メール講座へ

 

 

延命治療・人生の終末期について

人生の最後の最期で口から食べられなくなった場合延命治療を選択するのかどうかは、家族にとってはとても悩ましい問題です。
延命治療の種類や、選択する上での考え方などを詳しく説明しています。
 
 
延命治療・人生の終末期についてはこちらから

 

このブログを書いている人

脳卒中後の嚥下障害や認知症の方のリハビリを主に行っている
言語聴覚士つばめの自己紹介はこちら

 
言語聴覚士という仕事についてはこちら

コメントは受け付けていません。