落ちベロとは?言語聴覚士が伝える、原因とさらに効果UPの改善法

最近、テレビ番組でよく取り上げられる、落ちベロ。、食べ物をつまらせたり、食べているときにむせやすかったり、さらには誤嚥性肺炎を引き起こす危険があり、改善法とともに紹介されています。言語聴覚士として、さらに落ちベロについて詳しく説明すると共に、さらに効果を上げることができる改善法のコツもお伝えしたいと思います。

続きを読む

延命治療する?しない?食べられなくなった時に知っておきたい事

人生の最後に口から食べることが難しくなった場合、延命治療をするのか、しないのかという決断は残された家族にとっては大きな負担となります。口から食べられなくなるとはどういうことなのか、延命治療である胃ろうや経鼻経管栄養などについてなど、この決断をするために必要な情報が書かれた記事を集めました。

続きを読む

認知症について~9つのリスク要因、予防法

認知症は平成24年の時点で65歳以上の高齢者の7人に1人、平成37年には5人に1人の割合になると推定されています。私たち一人一人が認知症に対して今できる対策をしていくことが重要です。将来認知症になる人ができるだけ減るように、認知症についてや、リスク要因や予防法などについて記事を紹介したいと思います。

続きを読む

【きらッコノート掲載】介護福祉士必見の摂食・嚥下と認知症の記事紹介

介護福祉士、介護職を目指している方への情報を発信しているサイトきらッコノートに、当ブログの記事をご紹介いただきました。当ブログの記事の中には、介護士さんや、これから介護職を目指している方に知って頂きたい内容も含まれています。紹介された記事以外に、介護に携わる方に是非読んで頂きたい記事をご紹介したいと思います。

続きを読む

小室哲哉氏会見からKEIKOの病状と介護の現状を推察すると

2018年1月19日に小室哲哉氏が記者会見を行い、引退を発表しました。小室さんの奥様KEIKOさんはくも膜下出血で倒れ、現在病気療養中ですが、会見のなかでKEIKOさんの現在の病状も語られました。その記者会見で語られた内容からKEIKOさんが今どのような状態なのか推測してみたいと思います。

続きを読む

生活習慣病とは?~基礎知識と生活習慣病を予防する方法

生活習慣病とは、よく耳にしますがしっかり理解されている方は少ないのではないでしょうか?このブログのテーマは脳卒中後の摂食・嚥下障害ですが、その脳卒中を引き起こす原因は生活習慣病であると言われています。ここでは生活習慣病の基礎知識や、予防する方法について書かれた記事をまとめました。

続きを読む

もちをのどに詰まらせないために~安全な食べ方と予防法

毎年お正月には、餅をのどに詰まらせて救急搬送される方が少なからずいらっしゃいます。2018年の元旦には15名の方が救急搬送され2名が亡くなっています。この記事では、なぜ餅をのどに詰まらせてしまう事故が絶えないのか、その事故を予防するために安全に餅を食べる方法、そしてのどのトレーニングについて紹介します。

続きを読む

誤嚥性肺炎の基礎知識~予防法、リハビリテーションについて

日本人の死亡原因の第3位である肺炎。その肺炎で亡くなる方の97%は65歳以上の高齢者です。高齢者になると誰でもかかる可能性のある肺炎ですが、その中でも飲みこむ力が低下することによって起こる誤嚥性肺炎にターゲットを絞り、誤嚥性肺炎の基礎知識から、予防法、リハビリテーションについてまとめました。

続きを読む

摂食・嚥下障害の基礎知識からリハビリテーション、困りごとへの対処法まで

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)後に食べること、飲みこむことがむずかしくなる摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害の基礎知識から、リハビリテーション、摂食・嚥下にまつわる困りごとへの対処法までまとめました。

続きを読む

高次脳機能障害を分かりやすく説明すると?摂食・嚥下障害への影響は?認知症との区別は?

脳卒中後の後遺症の中でも非常に分かりにくいのが「高次脳機能障害」ではないでしょうか?人間は常に当たり前のように高次脳機能を使って生活しています。逆に言うと、この機能が障害されるととても生きにくくなります。この記事では、高次脳機能障害についてできる限り分かりやすく説明し、摂食・嚥下障害への影響や認知症との区別についてもお伝えします。

続きを読む