認知症で口から全く食べられなくなったら?何もしないとどうなるのか?

認知症の末期になると、食事を一切食べようをしない方がいます。主治医から「口から食べられない」と診断され、胃ろうや鼻チューブ、点滴などの延命治療を選択しなかった場合に、どういう状況になるのかお伝えしたいと思います。

続きを読む

高齢者嚥下障害の方が食べやすい食事とは?食材別の食べやすさの工夫と注意するべき点

脳卒中などで嚥下障害になったにもかかわらず、リハビリをして食べられるようになり、自宅へ退院できるようになった場合に、嚥下障害でも食べやすい食事をどう作るかという問題が浮上します。ここでは、自宅でできる食材別に食べやすくする工夫と、逆に食べるときには注意しなくてはならないことについてお伝えします。

続きを読む

脳卒中で入院直後水を飲ませるのはなぜ危険?注意点と正しい方法とは?

脳卒中の入院直後には嚥下障害による誤嚥のリスクが高いということを家族が知らないまま飲ませてしまい、医者や看護師から注意を受けてしまったという方も少なくないのではないでしょうか。この記事では、なぜ危険なのか、そしてどうしても水を飲ませたい場合の注意点と正しい方法をお伝えしたいと思います。

続きを読む

嚥下食でサンマを食べるには?嚥下障害があっても、旬のサンマを食べさせたい!

嚥下障害の方にとってはサンマの塩焼きはとても食べにくい食べ物の一つです。しかしサンマは高齢者にとって是非取って頂きたい栄養素もたくさん含まれています。この記事では嚥下障害の方でもサンマを食べられる3つの提案をしています。

続きを読む

寝たきり高齢者の口はなぜ乾燥する?原因と3つの対処法

口から食べられず寝たきりになっている高齢者は口の乾燥に悩まされます。口の中が乾燥している状態というのは、本人の不快感、痛みを伴いますし、風邪や肺炎を引き起こす原因となります。口が乾燥する原因と対処法を3つお伝えします。

続きを読む

歯周病も認知症の引き金に。予防のためには『歯は磨いてはいけない』

歯周病も認知症の誘引になることが研究の結果分かってきています。認知症だけではなく、糖尿病や脂肪肝につながることもあります。歯周病の予防のためには間違ったやり方で「歯を磨いてはいけない」のです。

続きを読む

補聴器を嫌がるのはなぜ?老人性難聴とは?補聴器の購入法と家族の接し方

最近になって老人性難聴も認知症のリスク要因に挙げられるようになりました。老人性難聴は治療法がなく、補聴器で聞こえを補うくらいしか方法がありません。しかし本人は補聴器をつけたがらないことがよくあります。老人性難聴について正しく理解し、どんなふうに聞こえているのかまず知ることが大切です。

続きを読む

2017年研究発表 認知症予防には9つのリスク要因に今すぐ対処せよ

2017年7月に行われたアルツハイマー国際会議で自分で日頃から心掛けることによって認知症を防ぐことができるリスク要因9つが明らかになりました。早期からそのリスク要因に対処することによって、認知症患者を減らすことができると推測されています。

続きを読む