rt-PA静脈注射療法~脳梗塞の治療について分かりやすく説明

この記事では脳梗塞の治療法の一つである、rt-PA静脈注射療法について詳しく説明したいと思います。 私もこの薬を使った患者さんを診た経験が何度かあるのですが、本当に後遺症がほとんど残らず退院されました。 この薬の効果はすごいと実感したものです。 この治療を受けるためには脳梗塞が起こってから4時間半以内に治療を開始しなければなりません。 この短い時間の間に、医療機関に搬送されて、診察、検

続きを読む

健康診断の結果から、生活習慣病かどうか判別する方法。対処法も。

みなさん、健康診断は毎年受けていますか? 健康診断は気がつかない間に進行している生活習慣病に気づくチャンスです。 この記事で、実際に健康診断の結果と照らし合わせながら、自分の健康状態をチェックしてみましょう。 その結果を踏まえ、もし生活習慣病の症状があった方のために、対処法もお伝えしますね。 生活習慣病とは テレビや雑誌で「生活習慣病」ということばはよく耳にする言葉だと思いま

続きを読む

夏の脳梗塞を予防~脱水症に注意!

半身のマヒや言語障害、飲みこみにくくなる嚥下障害などが後遺症として残る脳梗塞。 脳梗塞は夏に発症しやすくなります。 それはなぜでしょうか? 夏は気温が高く、汗をかくため体内の水分が少なくなる脱水症になりがちです。 体内の水分が少なくなるということは、血液も流れにくくなるということ。 他の季節に比べて血管が詰まりやすくなるのです。 夏の脳梗塞を防ぐためには、脱水症に気をつける必要があ

続きを読む

脳卒中の初期症状はACT FASTでチェック!早期治療で後遺症軽減

    脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の「卒中」は「突然倒れる」という意味があるそうですが、発症直後に本当にバタンと倒れてしまう場合というのはほんの一部です。 例えば、くも膜下出血の場合、突然「今まで経験したことのない頭痛」で発症することが多く、救急車で搬送されることがほとんどです。 それに対して、脳出血や脳梗塞の場合は、じわじわと経過することもあり、脳卒中だということに気がつかず

続きを読む

くも膜下出血の症状、治療、合併症とは? 原因は脳動脈瘤の破裂。予防法も。

くも膜下出血という名前は聞いたことがあるでしょうか? 歌手・俳優・文筆家の星野源さんや、globeのKEIKOさんなど、芸能人や著名人で過去にくも膜下出血に見舞われた方もあり、耳にすることのある病名ではありますが、どのような病気かまで知っている人は少ないかもしれません。 くも膜下出血は脳卒中の一種で、突然発症します。 くも膜下出血を発症された方の1/3は何らかの重い後遺症が残り、1/3は

続きを読む

脳梗塞を分かりやすく説明すると?種類、治療法、後遺症について

脳梗塞(のうこうそく)ってどういう病気かご存知でしょうか? 元プロ野球選手の長嶋茂雄さんや、歌手の西城秀樹さん、タレントの磯野貴理子さんなど有名人の中にも脳梗塞になられた方がいます。 もしかしたら、あなたのまわりでも、脳梗塞になられた方がいらっしゃるかもしれません。 脳梗塞とは脳の中の血管が狭くなったり、詰まったりすることで血流が滞り、その先の脳神経細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなる病気

続きを読む

脳出血とは?原因は高血圧。自分も遺伝する?脳出血を予防するには?

自分の親や兄弟が脳出血で倒れた場合、親の今後のことも気になると思いますが、もしかして遺伝して自分も脳出血になるのではないか、ということも心配される方がとても多いです。 脳出血になると、半身マヒや言語障害などの後遺症が残ったり、最悪の場合は命を落とすこともあります。 できることなら、今のうちから予防していきたいと思いませんか? 脳出血を予防するためには、脳出血の原因の一つである高血圧を知る必要

続きを読む

失語症を分かりやすく説明すると?症状、家族の対処法について

脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)の後遺症には、嚥下障害だけではなく他の後遺症も合わせ持つことがあります。 ここでは「しゃべれない」「何を話しているか分からない」失語症について取り上げます。 失語症というと、何もしゃべれなくなる障害とイメージされやすいと思いますが、何を言っているのか分からない場合けれども、しゃべることができてしまう人もいます。 失語症はその症状から、認知症と誤解されるこ

続きを読む

脳卒中後の構音障害とは?嚥下障害への影響と改善へのキーポイント

脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)が原因で食べられなくなったり、飲みこめなくなる摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害になった場合、脳の損傷部位によっては、ほかの後遺症も合わせもつ場合があります。 その後遺症が摂食・嚥下障害にも大きな影響を与えることもあります。 ここでは摂食・嚥下障害に合併しやすい後遺症のうちの一つ「しゃべりにくさ」の障害について説明します。 専門用語で構音(こうおん

続きを読む

脳卒中後・嚥下障害のリハビリはどのように行われる?効果的にリハビリを行うために

脳卒中(脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血)を発症すると、治療と共にすぐにリハビリテーションが開始になります。 リハビリテーションは発症からの時期によって大きく急性期、回復期、維持期の3つに分けて考えます。 その時期に合わせたリハビリテーションの方法と、効果的にリハビリをするために知っておくべきこと、そして家族ができることをお伝えします。 リハビリテーションの時期 リハビリテーション

続きを読む