脳卒中後・嚥下障害のリハビリはどのように行われる?効果的にリハビリを行うために

脳卒中(脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血)を発症すると、治療と共にすぐにリハビリテーションが開始になります。 リハビリテーションは発症からの時期によって大きく急性期、回復期、維持期の3つに分けて考えます。 その時期に合わせた...

続きを読む

脳卒中を分かりやすく説明すると?種類とその後遺症、治療とリハビリについて

恐ろしい病気の一つとして捉えられることの多い脳卒中。 「卒中」という言葉は「突然倒れる」という意味なのだそうです。 まさにその名の通り、ついさっきまで普通に歩くことができた人が突然歩けなくなったり、しゃべっていた人が突然...

続きを読む

熱中症には経口補水液~スポーツドリンクとの違いと使い分け

近年、夏の暑さによる熱中症が話題になります。 毎年、ニュースでは最高気温と共に、 「○○では熱中症とみられる症状で△人が救急搬送されました」と耳にします。 熱中症になったら、すぐ涼しいところで休み、水分を補給することが大...

続きを読む

高齢者嚥下障害の在宅介護で夏、食欲が落ちてきたら脱水症に注意!

今年も暑い夏が近づいてきました。 健康な人でも夏バテで食欲が落ちる時期ですが、高齢者の嚥下障害の方にとっても食欲が落ちてしまう時期。 この季節、気をつけて頂きたいのが脱水症です。 脱水症は怖い症状ですが、日頃から水分をと...

続きを読む

高齢者嚥下障害の方にできるだけ安全に食べてもらうための食事介助のコツ

高齢者の嚥下障害の方では、自分で食べることができないけれど、お手伝いをすることで食べることができる方がたくさんいます。 スムーズに食べてくれる場合はいいのですが、なかなか飲み込まなかったり、誤嚥する危険があったり、むせて...

続きを読む

口から食べられなくなった時、栄養を点滴でいれるってどういうこと?

高齢者認知症や脳卒中後などの嚥下障害で、口から食べられないと診断され、今後どうするかを考えるにあたり、医師から大抵次の4つの選択肢があげられるのではないかと思います。 鼻からチューブを入れる 胃ろうをつくる 点滴で高カロ...

続きを読む

口から食べられない時、鼻からチューブを入れて栄養を摂るってどういうこと?

高齢者の脳卒中後や認知症の末期の嚥下障害で、口から食べられないと診断され、今後どうするかを考えるにあたって、医師から大抵次の4つの選択肢があげられるのではないかと思います。 鼻からチューブを入れる 胃ろうをつくる 点滴で...

続きを読む

胃ろうのデメリットとは?胃ろうを選択するときに知っておくべきこと

口から食べられなくなった時に栄養を補う手段のひとつとして胃ろうがあります。 胃ろうは、胃に穴をあけて管を通し、栄養剤を流し込む人工栄養法の一つです。 胃ろうを選択するかどうかを決めるためにはメリットとデメリットの両方を知...

続きを読む

胃ろうにもメリットはある!点滴や鼻からチューブを入れる栄養法と比較して

食べる楽しみがなく、直接胃の中に栄養剤を、朝・昼・晩と機械的に注入されて、「生かされている」だけ、というイメージがある胃ろう。 そういうイメージから胃ろうを作ることを拒否される方や、ご家族が多くいらっしゃいます。 もちろ...

続きを読む

口から食べられなくなり、胃ろうをすべきか迷うときに考える2つの事

高齢者認知症や嚥下障害で、口から食べられないと診断され、今後どうするのかを考えるにあたって、医師からは大抵次の4つの選択肢が挙げられると思います。 胃ろうを造って栄養を摂る 鼻チューブを入れて栄養を摂る 高カロリーの点滴...

続きを読む