胃ろうにもメリットはある!点滴や鼻からチューブを入れる栄養法と比較して

食べる楽しみがなく、「生かされている」だけ、というイメージがある胃ろう。そんなイメージから胃ろうを作ることを拒否される方や、ご家族が多くいらっしゃいます。しかし、胃ろうにも他の栄養を摂る手段と比べてメリットもあります。胃ろうのメリットを最大限に生かす方法についてお伝えします。

続きを読む

口から食べられなくなり、胃ろうをすべきか迷うときに考える2つの事

高齢者認知症や嚥下障害で、口から食べられないと診断された時、本人が判断できない場合は家族が今後のことを決めるのにとても悩みます。ここでは胃ろうについてと、胃ろうをすべきか迷う時に考える2つのことをお伝えしたいと思います。

続きを読む

繰り返す誤嚥性肺炎のリスク~できるだけ再発を予防するための方法

日本人の死亡原因の第3位である肺炎。肺炎で亡くなるのは75歳以上の高齢者で、そのほとんどが「繰り返す誤嚥性肺炎」によるものと言われています。誤嚥性肺炎のリスクとぜ誤嚥性肺炎は繰り返してしまう原因を考えるとともに、誤嚥性肺炎を予防するための方法についてもお伝えします。

続きを読む

誤嚥性肺炎になったら、本当に口から食べられないのか?

誤嚥性肺炎と診断されると、抗生物質による治療が開始されるとともに、発熱や咳などの症状が落ち着くまで、食事が止められます。誤嚥性肺炎になったからといって、必ずしも口から食べられない訳ではありません。口から食べられない場合はどういう時なのか、また再び口から食べるのに必要なことは何なのかお伝えします。

続きを読む

誤嚥ってそんなに危険?脳卒中急性期の嚥下障害で誤嚥を防ぐ2つの鉄則とは。

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)を発症すると、急性期には約30%に嚥下障害がみられます。言語聴覚士が、脳卒中を発症したばかりの患者さんに一番気にかけることは「誤嚥」です。誤嚥がどういうものなのか、誤嚥するとどうなるのか、そして誤嚥を防ぐための鉄則をお伝えしています。

続きを読む

摂食嚥下のメカニズム3 咽頭期と食道期の問題点とその対処法

食べ物や飲み物を外から口の中に取り込んで、のどを通り、食道を通って胃に送りこむまでの一連の動作を、摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)と言います。摂食・嚥下は5段階に分けて考えることができます。この記事では第4段階の咽頭期と第5段階の食道期で起こりうる問題点とその対処法をお伝えします。

続きを読む

摂食・嚥下のメカニズム2 準備期と口腔期の問題点とその対処法

食べ物や飲み物を外から口の中に取り込んで、のどを通り、食道を通って胃に送りこむまでの一連の動作を、摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)と言い,5段階に分けて考えます。ここでは第2段階の準備期と第3段階の口腔期で起こりうる問題点とその対処法をお伝えしています。

続きを読む

摂食・嚥下のメカニズム1 先行期の問題点とその対処法

食べ物や飲み物を外から口の中に取り込んで、のどを通り、食道を通って胃に送り込むまでの一連の動作を摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)と言います。ここでは摂食・嚥下のメカニズムの第1段階、先行期(せんこうき)に起こる問題点とその対処法についてお伝えします。

続きを読む

医者からの説明を聞くときに役立つ5つの事

医者からの説明を聞くときは緊張してしまうものです。不安な気持ちも重なって、頭の中が真っ白になり、何を話されたのか分からなくなる方が多いものです。医師との話し合いは病状や治療方針など説明を聞いて、患者さんにとって一番良い方法を検討していく大切な場でもあります。医者から説明を聞く時に役立つ5つの事をお伝えしています。

続きを読む

「口から食べられない」ってどういうこと?専門家はどう判断しているの?

脳卒中後に食べられなくなったり、飲みこめなくなる摂食・嚥下障害という後遺症が残ることがあります。「口から食べられるかどうか」の判断は飲みこみの専門家である言語聴覚士の仕事のひとつです。この記事では、言語聴覚士が患者さんをどのように診て評価をしているのか、お伝えしています。

続きを読む