歯ぐきの腫れ、出血、口臭に気づいたら、早目に対処すべき理由とその対処法

歯みがきの時に、
血が出るんだよね。

最近、なんとなく口臭が気になって…

 

毎日歯みがきをしている時に
出血したり、
歯ぐきが腫れている

ということに気が付いたら、

 

それは歯周病のサインかもしれません。

 

歯周病は

人類史上で最も感染者数の多い
感染病である。
地球上を見渡してみても、
この病気に冒されていない人間は
数えるほどしかいない。

と言われています。

 

なんて大げさな!と思うかもしれません。

 

実は歯周病は
その感染者数の多さで、
2001年ギネス世界記録に認定されているのです。

 

その歯周病の症状は、

  • 歯ぐきの腫れ
  • 歯ぐきからの出血
  • 口臭
  • 歯がグラグラする

などがあります。

 

これらの症状に心当たりがあるのなら、
歯周病かもしれません。

 

こんな症状があっても、
歯医者さんに行くのは嫌、
という人も多いと思います。

 

でも放置しているのはもっと危険

 

歯周病は
歯を失うだけではなく、
全身の病気、さらには認知症の原因とも
考えられているのです。

 

ここでは、

 

  • 歯周病とはどういう病気なのか?

  • 歯周病を早めに対処すべき理由

  • 歯周病の対処法

 

についてお伝えしたいと思います。

 

Sponsored Links

 

歯周病とはどういう病気なのか?

歯や歯と歯の間に食べ物のカスなどが残っていると
そこに細菌が繁殖し歯垢(しこう・プラーク)が溜まります。
この歯垢によって歯ぐきが炎症を起こした状態が歯肉炎です。

 

歯肉炎の症状

・歯ぐきが腫れる
・出血する
・歯ぐきを押すと痛い
・口臭がある

 

歯肉炎がさらに悪化すると、
炎症が歯と歯ぐきを支える骨
(歯槽骨・しそうこつ)まで進み、
骨を溶かしてしまいます。

骨まで炎症が進んだ状態を歯周炎と言います。

 

そうすると、
それまで骨によって支えられていた歯は
グラグラするようになります。

最終的には歯が抜けてしまいます。

 

この歯肉炎と歯周炎をあわせて歯周病といいます。

 

歯みがき粉の宣伝で
歯槽膿漏(しそうのうろう)ということばが
よく聞かれると思いますが、
歯槽膿漏と歯周病は同じことと
思っていただければ大丈夫です。

 

ここまでみてきたように、
歯周病は放置しておけば、
最終的には歯を失ってしまう病気です。

 

歯がなくなってしまったら…

 

困ることがいっぱいありますね。

 

食べるときも困るし、

話すときも困る…

 

 

でも実際には、これだけではないのです。

 

もっと大きな病気をもたらす
原因にもなります。

 

Sponsored Links

 

 

歯周病は早目に対処すべき理由

歯周病は、
とにかく早めに対処するべき病気です。

その理由には次の5つあります。

理由1 食べたり、話したりするのに困る

歯周病というのは、
口の中全体で起こることが多いので、
歯を失う時には、
数本同時に失う場合がほとんどです。

 

重症であれば、
全部の歯を失ってしまうことにも
なりかねません。

 

もちろん、
いまは歯科の治療技術は進んでいて、
ピッタリ合った入れ歯をつくることも
可能です。

 

でもどんなにピッタリ作った入れ歯でも、

 

自分の歯と同じように、
というわけにはいきません。

 

硬いもの、歯ごたえのあるものは
どうしても食べにくくなります。

 

話しにくくなってしまう方もいます。

 

 

中には、
口の中に異物が入っていることが
煩わしくて、使わなくなってしまう方が
いらっしゃいます。

 

そういう方は
本当に気をつけて頂かなければなりません。

 

理由2 ふんばれない

歯を失い、さらに
入れ歯を使わないと、
歯を食いしばることができないので、
体に力が入りません。

 

私たちは歯を食いしばって
ふんばる時には、
奥歯に自分の体重くらいの力を込めています。

 

逆にそのくらい、
奥歯に力をこめないと
力を出すことができないのです。

 

歯がないと、
ふんばるべきときに
ふんばることができず、
高齢者では特に
便秘になりやすくなります。

 

★歯を失っても
 入れ歯を使えば
 ある程度ふんばることは
 可能です。

理由3 転びやすくなる

人間は、
歯のかみ合わせで体のバランスをとっています。

 

歯がなく、
入れ歯も使っていない状態であれば、
体のバランスがとりにくくなり、
転びやすくなります。

 

高齢者の場合は、
転んだときに骨折をし、
それが寝たきりにつながってしまいます。

 

理由4 糖尿病になる

歯周病と糖尿病、
一見関係のない病気のように思えるかもしれません。

 

ただ、以前から糖尿病の方は、
歯周病になりやすく、
治りにくいということは言われてきました。

 

最近になって、歯周病があると
糖尿病になりやすいということが
分かってきました。

歯周病を患い、常に歯ぐきに炎症があるとします。すると炎症のある組織から産生される物質(炎症性サイトカイン)が歯ぐきの毛細血管から血液中に入り込み、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを阻害します。その結果、糖尿病になるのです。事実、歯周病の患者さんは、健康な人に比べて2倍以上も糖尿病にかかりやすくなると言われています。

 

森昭著 『歯はみがいてはいけない』

 

同著では、
歯周病が動脈硬化を引き起こし、
さらに
脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクについても
言及しています。

 

たかが歯周病と思っていても、
放置していれば、全身に影響が及び
命を奪いかねない病気を引き起こす可能性があるのです。

 

 

糖尿病についてはこちら 

 

動脈硬化についてはこちら 

 

理由5 認知症になる

歯周病の影響は、
糖尿病、動脈硬化、
さらには脳梗塞、心筋梗塞にとどまりません。

 

歯周病とアルツハイマー病との関連が
研究で明らかになっています。

たとえば名古屋市立大学のマウスを使った実験で、歯周病菌を感染させたマウスのアルツハイマー病の進行が、そうでないグループに比べて明らかに速かった、との結果が出ています。また、マウスの実験だけでなく、認知症でなくなった人の脳を調べたところ歯周病菌が見つかり、認知症でない病気で亡くなった人の脳には歯周病菌が見つからなかったという結果が『ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディジーズ(Journal of Alzheimer’s Disease)』という信頼のおける論文誌で発表されました。

 

森昭著 『歯はみがいてはいけない』

 

その他に、

歯を失うことによって、
よく噛むことができず、
脳に刺激が入りにくくなってしまうことも
指摘されています。

 

逆に言えば、

歯が丈夫で、
しっかり噛んで食べることができれば、
認知症も予防することが可能です。

 

認知症予防については
こちらの無料メール講座でもっと詳しくお伝えしています。
特に40代、50代の、
まだまだ認知症予防なんてと思っている方!
今、知っておいて損しません。

今すぐ認知症予防を始める!

 

このように
歯周病を早めに対処すべき理由には

  • 食べたり、話したりするのに困る
  • ふんばれない → 便秘
  • 転びやすくなる → 骨折 → 寝たきり
  • 糖尿病になる → 動脈硬化 → 脳梗塞・心筋梗塞
  • 認知症になる

 

以上のようなものがあります。

 

どれも恐ろしいものですね。

 

では、
どうしたら歯周病を治すことができるのか?
その方法についてお伝えします。

 

 

歯周病の対処法

歯周病を予防するには、
まず、毎日の歯みがきをしっかりやることです。

 

毎日の歯みがきの習慣

歯ブラシを使って歯を隅々まで
きれいに磨きます。

 

言うのはかんたんですが、
やってみると意外と難しいです。

 

自分はしっかりみがけている!

と思っている人でも、
実は磨き残しがある方がほとんど。

 

特に注意して磨いてほしいのが

・歯と歯の間
・歯と歯ぐきの間
・奥歯

 

 

そして、歯並びの関係で、
歯が重なってしまっているところなどは、
特にしっかりとみがく必要があります。

 

この時意識するとよいのは、

1本1本丁寧にみがくということ。

 

あまり力を入れすぎず
みがいてください。

 

みがき終わったあと、
舌で歯を触ったときに、
つるつるっとした感じがあればOK
です。

 

歯と歯の間もきれいに

歯ブラシだけではなく、
デンタルフロスや歯間ブラシを使って、
歯と歯の間の汚れも取ります。

歯ブラシでしっかりみがいた後に、
デンタルフロスを通すと、

 

意外と汚れがでてきてビックリします。

 

逆にこれを取らないと、
どんどんたまってしまうんだなぁと思うと、
ちょっと怖くなります。

 

ちなみに私が使っている
デンタルフロスはこちらです。

 

 

私の場合は
歯と歯がしっかり詰まっているので、
ワックスのついた
硬めのフロスをつかっています。

柔らかめのフロスだと、
フロスが裂けてしまい、
糸が歯と歯に挟まって取れなくなってしまったことがあります。

私が使っているのは無香料のものですが、
ミント味のものもあります。

お好みで選んでみてくださいね。

 

 

 

自分では、
しっかり歯みがきをしていたつもりでした。
フロスまでつかって、
しっかり歯のお手入れをしていたつもりでした。

 

でも、
実際に歯医者さんに行くと、

 

 

歯ぐきからの出血があったのです。

歯石もいっぱいついていました。

 

 

 

正直、
ショックでした。

 

どれだけ自分でしっかり歯みがきをしていても、
みがき残しはどうしても出てしまうのです。

 

そこで
2~3ヶ月に一度は
歯医者さんで歯の掃除をしてもらうことを
オススメします。

 

2~3ヶ月に歯医者でのクリーニング

歯と歯の間などに残った食べかすに
細菌がつくことによって
歯垢(しこう・プラーク)ができます。

 

この歯垢は、
きちんと歯みがきすることによって
落とすことができます。

 

しかし、
歯みがきで磨き残してしまうと、
歯垢は歯石(しせき)となり、
歯にこびりつきます。

 

こうなると、
いくら歯みがきをしても落とせません。

 

これは歯医者さんでクリーニングしてもらわないと
落とすことができない
のです。

 

もちろん歯石も
歯周病の原因になります。

 

でも、歯医者って、
きれば行きたくないですよね。

 

私もそうでした。

 

でも、早目に行けば、
治療そのものも簡単で済みます。

歯を失わずに済みますし、

他の病気を引き起こす可能性も、
小さくなります。

 

将来のために、
できるだけ早めに
歯のメンテナンスをしておくというのは、
とても大事だと思い、

 

私は頑張って、
歯医者に通っています(笑)

 

まとめ

 

  • 歯周病は、食べかすに細菌がつき歯垢(しこう)を産生、それが元で歯ぐきに炎症をおこした状態のこと。ひどくなると歯を支える骨を溶かしてしまいます。歯周病は歯を失う原因ナンバーワンの病気です。
  • 歯周病を放置しておくと次のようなリスクがあります。
  • 食べたり、話したりするのに困る
  • ふんばれない → 便秘
  • 転びやすくなる → 骨折 → 寝たきり
  • 糖尿病になる → 動脈硬化 → 脳梗塞・心筋梗塞
  • 認知症になる

 

  • 歯周病に対処する方法は以下のようなものがあります。
  • 日々の歯みがきをきちんとする
  • デンタルフロス、歯間ブラシを使って歯と歯の間も磨く
  • 2~3ヶ月に1回は歯科医で歯の掃除をしてもらう

 

私つばめは、歯医者が嫌いで、
どうしても行きたくなかったのですが、
昔、治療した歯の詰め物が
ポロリと落ちてしまって、
どうにも歯医者さんへいく羽目になりました。

 

歯医者に行きたくなかったので、
今まで自分自身で一生懸命
丁寧に歯みがきをし、
デンタルフロスも使ってきましたが、
それでもやっぱり「歯周病」でした。

 

巷では「歯周病に効く」と言われる
歯みがき粉も売られているようですが、
どんな歯みがき粉をつかっても、
結局のところ、みがき残しがあったら、
歯周病になってしまいます。

 

歯周病はもう、
口の中だけの問題ではありません。
ご自分の将来の健康のためにも、
早目に歯科医に受診されることを
全力でオススメします。

 

 

 
 
     
 

 

Sponsored Links

 

 

 


コメントを残す