いつまでも自分の歯で食べるために

【食事】のフィールドでは、
何をどう食べるか、
何を食べないか、
ということについて、
お伝えしてきました。

 

でも、
口の中の状態が悪いと、
美味しく食べることはおろか、
他の病気を引き起こすことになり兼ねません。

 

今は、歯周病が
認知症の原因になっているという
研究結果も明らかにされています。

 

あなたは、
口の中の状態は大丈夫でしょうか?

 

 

いつまでも自分の歯で食べるためのリスト

 

☑歯みがきは朝起きてすぐと夜寝る前にする
 
 →眠っている間は唾液の分泌量が減り、口の中の細菌が増えてしまいます。
  寝る前はもちろん、朝起きてすぐの歯みがきが有効です。

 

☑歯みがきは歯を1本1本丁寧にみがく。

 →歯みがきをした後、歯の表面を舌でさわって
  ツルツルしているようであればOKです。

 

☑食後は歯間ブラシやデンタルフロスを使って
 歯と歯の間をきれいにする

 →歯と歯の間、歯と歯ぐきの間は歯ブラシでも汚れはとれません。
  歯間ブラシやデンタルフロスを使います。

 

☑定期的に歯医者で歯のチェックとクリーニングをする。

 →いくら丁寧に歯みがきをし、歯間ブラシやデンタルフロスを使っても
  みがき残しは必ずあります。
  3~4ケ月に1回は歯医者で歯の掃除をしてもらえば完璧です。

 

虫歯は早めに治療する

 →虫歯はひどくなればひどくなるほど
  治療に時間がかかり、お金もかかります。

 

☑口呼吸を治す

 →口呼吸の場合は、常に口が開いてしまっているので、
  口の中が乾燥してしまいます。
  唾液が働かず、口の中が不潔になりやすくなります。
  (唾液には口の中を清潔に保つ役割があります。)

 

 

☛CHECK
歯周病についてはSwallowmouThのこちらの記事をお読みください

 

私つばめの体験も交えて
できるだけ分かりやすくお伝えしています。

【食事】TOPに戻る


コメントを残す