睡眠をとることでなぜ認知症を予防できるのか?

 

なぜ眠ることが認知症予防につながるのか?

➊脳のゴミが洗い流される

アルツハイマー病の原因物質の一つ
アミロイドベータ(=脳のゴミ)は
睡眠中に洗い流されるということが分かっています。

 

❷海馬(かいば)が記憶の整理をする

脳の記憶の中枢である海馬(かいば)は、
眠っている間にその日入ってきた情報を整理します。

海馬が整理されることによって、
脳神経細胞のネットワークがスムーズに行われるようになります。

 

※ちなみにアルツハイマー病は
 海馬にアミロイドベータなどの脳のゴミが溜まることによって
 発症します。
 海馬のメンテナンスは認知症予防にとっては必須です。

 

❸ストレス解消

質のよい睡眠をとることでストレスが解消されます。
ストレスに最も弱いのが海馬。
海馬を守る意味でも、ストレスはため込まないことが肝心です。

 

 

☛CHECK
詳しくはSwallowmouThのこちらの記事をご確認ください

 

 

睡眠不足は借金~睡眠負債

もし十分な睡眠が取れない場合は、
脳にゴミをため込んでしまうことになります。

 

つまり、
脳に認知症の元をため込むようなもの。

 

睡眠不足を続けると、
認知症の元という借金がどんどん膨らみ
そのうち負債を抱えるようになってしまうのです。

 

睡眠不足の影響は、
それだけではありません。

 

脳のネットワークの働きも鈍くなり、
日常のパフォーマンスも落ちてしまいます。
 

 

例)
 注意散漫で仕事でミスをしてしまう
 記憶力が衰えてしまう
 判断力が鈍くなり、事故をおこしやすくなる

 

☛CHECK
睡眠負債についてはSwallowmouThのこちらの記事に詳しく書かれています。

 

認知症を予防するためにも、
毎日を生き生きと過ごすためにも、
「質の良い睡眠」をとるための習慣を
身につけましょう。

【睡眠】TOPに戻る


コメントを残す