脳梗塞を救う薬を使うためには?

      2017/05/29

sponsored Link

脳梗塞を救う薬があることをご存知でしょうか?

私もこの薬を使った患者さんを診た経験があるのですが、本当に後遺症がほとんど残らず退院されました。

この薬の効果はすごいと実感したものです。

でも効果もある反面、使うことができる場合というのがとても限られていますし、副作用や合併症のリスクも高い薬でもあります。

もしかしたら家族や周りの人を救うことになるかもしれない、この薬のことをお伝えしたいと思います。

 

脳梗塞とは

脳梗塞とは脳の中の血管が狭くなったり、詰まったりすることで、その先の脳神経細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなる病気です。

脳梗塞についてはこちらの記事も合わせてお読みください

▶関連記事 脳梗塞とは?なぜ起こってしまうのか?脳梗塞の3つのタイプと見逃してはならないTIA

 

rt-PA静脈注射療法

脳梗塞を救うことのできる薬はrt-PAと通常呼ばれていて、点滴(静脈注射)で投与されます。

この薬は血管を詰まらせている血の固まり(血栓)を溶かす作用を強める薬で、血栓を溶かし血液を再開通させることができます。

血液が行き届かず壊死してしまった脳神経細胞は生き返りませんが、いわば仮死状態になっている脳神経細胞はできるだけはやく血流が再開通することによって、息を吹き返す可能性が高まります。

壊死する脳神経細胞が少なければ少ないほど、後遺症も小さくてすみます。

 

効果も高いがリスクも

効果も高いのですが、リスクも大きいのが薬です。

この薬を使うことによって、出血しやすくなる副作用もあります。

ひとつ間違えば脳梗塞に加えて、さらに脳出血も合併してしまう可能性があります。

そうなると、薬を使わなかったほうが後遺症が軽かった、ということも起こりえます。

 

リスクを回避するために

日本脳卒中学会はrt-PAを適正に使用するために、CT(またはMRI)検査、一般血液検査と凝固学的検査、心電図検査が施行可能であることや、担当医師が速やかに診療を開始できる体制、万が一に備えて脳神経外科処置が迅速に行える体制があることなど、使用条件を厳しく定めています。

 

発症時刻を確認して速やかに医療機関へ

sponsored Link

もう一つ大切なことは、この薬は発症から4.5時間以内に投与を開始しなければいけないということです。

ACT FAST(すばやく行動せよ)でチェックして、もしも脳梗塞(脳卒中)が疑われるようであれば、速やかに119番し救急病院にかかることが、その後の後遺症を少なくするためには重要です。 

  • F (Face 顔)…笑顔ができますか?
  • A(Arm 腕)…腕を平行に保つことができますか?
  • S(Speech ことば)…いつもどおり、おしゃべりできますか?

☆一つでも当てはまったら、T(Time 時間)を確認してすぐに病院へ

 

t-PAが使えない場合もある

朝、目覚めたら手足が麻痺していたなど、発症時刻がはっきり分からない場合は残念ながらt-PAは使うことができません。

また、発症時刻がはっきりわかっていても、4.5時間以上経過している場合もつかうことができません。

また、あまりにも大きな脳梗塞の場合も使えません。

 

まとめ

脳梗塞を救うrt-PA静脈注射療法を受けるためには、脳梗塞が疑われるような症状がでたらできるだけ早く、専門の医療機関で診察を受けることが一番重要となります。

家族や周りの人を救うことにつながります。

 

こちらの記事も合わせてお読みください。

▶関連記事 もしかして脳卒中?どんな症状がでたら救急車?早期治療が後遺症を軽くする

 

sponsored Link

 

 


 - 予防 , , , ,