高齢者の免許返納を納得させるには?~免許更新時の認知機能検査、自主返納について

高齢ドライバーの高速道路の逆走や、
交通死亡事故のニュースが絶えません。

高齢者本人はまだまだ大丈夫と思っていても、家族としては
「いつか事故をおこすのではないか」と
心配になるのではないでしょうか?

ましてや、もしかしたら認知症では?と思うような
症状が見受けられている場合にはなおさらの事。

この記事では75歳以上の高齢者の運転免許の更新の際に必須になった、
認知機能検査についてや、
免許の自主返納についてまとめました。

そして、どうしたら免許返納を納得させられるかについて考えてみたいと思います。

Sponsored Links

高齢者の免許更新

高齢ドライバーの事故が相次ぎ、その事故の加害者が認知症の疑いもあったことから、
2017年3月から、
75歳以上の方は運転免許更新の際に認知機能検査を受けなければならなくなりました。

 

その結果によって次の3つに分けられます。

第1分類 記憶力・判断力が低くなっています

第2分類 記憶力・判断力が少し低くなっています

第3分類 記憶力・判断力は心配ありません

 

第1分類 記憶力・判断力が低くなっています という結果になると、
専門医による適性検査もしくは医師の診断書が必要となり、
医師によって認知症であると診断されると免許証が取り消しになります。

 

第2分類 記憶力が少し低くなっていますという結果の人と、
第1分類で医師により認知症ではないという診断だった場合には、
3時間の高齢者講習を受け免許が更新されます。

 

第3分類 記憶力・判断力は心配ありませんという結果だった方は
2時間の高齢者講習の後免許が更新されます。

 

詳しくは警視庁ホームページをご確認ください。

 

 

認知機能検査の内容

認知機能検査の内容は警視庁ホームページでも公開されています。

時間の見当識…年月日、曜日、時間を答えます

手がかり再生…少し前に覚えた絵を思い出す記憶の検査です

時計の描画…時計の文字盤と指定された時間の針を書きます。

参照:http://www.zensiren.or.jp/

 

 

私つばめも、言語聴覚士として認知症の評価をすることがあります。

その際に同様の検査をすることがあります。

 

手がかり再生は、16種類の絵を覚えてから、
別の課題を行い、そのあと思い出してもらうという課題です。
手がかり(ヒント)があるとはいえ、別の課題が入ることでぐっと難易度があがります。

時計の絵を書く課題はもしかすると、
簡単すぎる課題ではないかと思われるかもしれません。

しかし、時間は12進法、
分、秒は60進法であることを理解していないと
時計の絵はかくことができず、
認知症の方はそのルールの理解から難しくなり
現実に時計の絵を書けない方がかなりいます。

これらの検査は、
初期の認知症の方を抽出できる課題になっているのではないかと思います。

 

検査を公開しても大丈夫?

通常試験問題などを公開することはあり得ないですが、
この認知機能検査は問題、検査の進行方法、採点基準まで全て公開されています。

なので事前に練習することも可能です。

それでも、公正な検査になるのか?と思う方がいるかもしれません。

この検査はある意味、記憶力、判断力を見るための検査です。

練習して覚えることができるほどの記憶力があれば、そもそも問題ありません。

そして、練習しても当日できないとなると、
それは認知症の可能性もあるということの証明になります。

検査当日に、その場で課題ができるかどうかのみを見ている検査なので、
公開しても問題ないのです。

 

実際に行政処分を受けた人数

2017年3月~9月で111万人が認知機能検査を受けて、医師による認知症診断が必要とされた人は3万人697人が行政処分を受け免許取り消しになったそうです。

参照:https://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no372/

この認知機能検査で第1分類という結果になったことによって、
医師の診断を受ける前に自分で返納された方も多くいたとのことです。

 

免許の更新を機会に、
認知機能検査の結果を受けて返納するというのも
一つの方法かと思います。

 

認知症で忘れてしまう人は

Sponsored Links

つばめは実際に認知症の方のリハビリをしますが、
認知症の方は、今やっていたことをすぐに忘れてしまいます。

そして理屈でいくら説明しても、理解されません。

おそらく、こういう方が車を運転することにこだわると、
家族が一番困るのではないかと思います。

(車を運転することにこだわるか、こだわらないかは個人によります)

 

一度納得したように見えても、
納得したことを次の時には忘れてしまっているのです。

家族は何度も、何度も同じことを繰り返し聞かれ、
同じことを繰り返し話さなくてはならず、
気が狂いそうになるかもしれません。

時には、強く責められることもあるでしょう。

 

ある方は免許返納した後で両親に責められましたが、
このまま運転を続けて人を巻き込む事故を起こして取り返しのつかないことになるよりは、
家族に責められていた方がましと耐えたそうです。

参照:https://www.asahi.com/articles/ASKB63J21KB6ULZU004.html

 

 

免許返納を納得させる方法

優良運転者(ゴールド免許)は5年ごとの免許更新ですが、
70歳以上は3年ごとに免許の更新となります。

認知症の症状の進み方によっては、
3年ごとの更新の時期を待てないという場合もあると思います。

家族としては、事故を起こす前に今すぐなんとかしたい
思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ただ、頭ごなしに「運転やめろ」と言うのはオススメしません。

 

高齢者、特に男性の場合はこれまで長い間、運転してきたというプライドがあります。

経験が長い分、運転に対して自信を持っていると思います。

車の運転ができなくなったら困ることもあるでしょう。

それを、「もう歳なんだから運転やめなさい」と言われてしまうと、
反発してしまい、
逆に「大丈夫だ」と言い張ってしまうのではないでしょうか。

ましてや、自分の息子や娘に言われると余計に納得しがたいのです。

 

息子、娘の立場だと、自分の親に対して心配する気持ちもあり、
どうしても強く説得してしまいがちになると思いますが、
まずは、免許を返納する本人の気持ちを思いやることが大切だと思います。

たとえ認知症があってもです。
いえ、認知症があるなら、なおさらです。

免許を返納するということは、
自分が認知症であるということを認めることになります。
歳をとり、能力が衰えたことを自分で認めなくてはなりません。

それだけでもつらいことなのに、
それを息子や娘に言われることが
どんなにつらいことか。

 

できることなら、車をずっと運転したいのです。

そしてもし実際に車をぶつけたり、
事故を起こしたときがあれば、それが絶好の説得のタイミングです。

本人も、さすがに事故をすると気弱になると思います。

そこで、できるだけ優しく、
「大きな事故でなくてよかったね。
相手がいたら大変なことになったね。
もし自分の子どもだと思うと怖いね。」
などと声をかけ、
自分から「運転はもうやめた方がいいかな」
言いやすい状況をつくると良いのではないかと思います。

 

息子、娘から言うとどうしても強い言い方になってしまい、
喧嘩になりやすい場合は、
意外と孫から言ってもらうと上手く納得することもあるようです。

「運転卒業式」で孫から卒業証書を手渡されて、
しぶしぶ免許を返納したという方もいるそうです。

参照:https://sirabee.com/

また、家族で説得が難しい場合は、
主治医や警察官など権威のある人に話をしてもらうようにすると
素直に話を聞くかもしれません。

そして本人が免許を返納したら、
速やかに車は処分したほうがよいようです。

免許返納と同時に、通院や買い物は、
家族で連れて行くなど、
日常生活に困らないような配慮も必要です。

離れて暮らしている場合は、近所の方へ事情を説明して、
協力をお願いしておくことも大切です。

 

自主返納の方法

自主返納をする場合には、
運転免許試験場や警察署へ本人が出向き、
申請します。

手続きに必要なものは

  • 運転免許証
  • 印鑑

です。

希望者には「運転経歴証明書」が発行されます。

希望する際には、

  • 運転免許証
  • 写真
  • 交付手数料 1,000円

を持参します。

これは身分証明書にも使うことができます。

詳しくは警視庁ホームページをご確認ください。

 

代理返納

入院中、もしくは施設入所中のために本人が申請に出向くことができないことを想定して、
3親等以内の親族もしくは施設の管理者が委任状を持っていけば返納できる地域もあります。

これは都道府県によってできるところと、できないところがありますので、
事前に確認が必要です。

また、家族が代理で返納できるからと言って、
本人の意志に反して返納するべきではありません。

 

免許返納キャンペーンだけでは…

高齢ドライバーの事故が相次ぐ中、声高に免許の返納を言われますが、
ただ免許を返納すれば問題解決できるというわけではなさそうです。

免許返納に納得できない人、
理屈が通らない認知症者を抱える家族の負担、
交通の便が良くない地域の移動手段の問題など、
様々な問題を一緒に解決していかなければならないと思います。

そして、いくつになっても記憶力、判断力を保ち、
認知症にならないようにすることも大切なのではないかと思います。

 

まとめ

  • 75歳以上の高齢者が免許の更新をする際には認知機能検査を受けることが義務付けされました。この検査で記憶力・判断力の低下があるという結果が出ると、専門医による検査もしくは主治医の診断書が必要となります。そこで認知症と診断されると、免許は取り消されます。
  • 高齢者の運転を心配し、家族が免許の返納を希望する場合は、本人の気持ちを思いやった上で自分から「免許返納」を言い出しやすいような状況をつくると良いと思います。場合によっては、孫や、主治医、警察官などの権威のある人から話をする方法も有効です。
  • 高齢者の免許返納を奨励する動きはありますが、それと同時に認知症による家族の負担を軽減する方法や、高齢者が利用しやすい交通手段の確保などの問題も同時に解決する必要があると思います。

 

Sponsored Links

 

 
 
     
 

コメントを残す