市販(レトルト・冷凍)の嚥下食の見分け方と入手法について。オススメも紹介。

在宅で生活している嚥下障害の方の食事を作るのはとても手間がかかるものです。 介護は24時間365日続くため、介護する側の負担も減らしていくことも必要となります。 介護者の負担を減らすのに、市販の嚥下食を利用するのも一つの手です。 昨今の高齢化社会に伴って、各食品会社は競い合うように嚥下食を開発しており、種類も品数も豊富に出回ってきています。 消費者側はいろいろ選ぶことができるという自由があ

続きを読む