口から食べられなくなった時、栄養を点滴でいれるってどういうこと?

高齢者認知症や脳卒中後などの嚥下障害で、口から食べられなくなった時の選択肢の一つとして中心静脈栄養があります。この記事では中心静脈栄養のメリット、デメリット、適応などをお伝えしています。

続きを読む

口から食べられない時、鼻からチューブを入れて栄養を摂るってどういうこと?

高齢者認知症や脳卒中後などの嚥下障害で、口から食べられなくなった時の選択肢の一つとして鼻からチューブを入れて栄養をとる経鼻経管栄養という方法があります。この記事では経鼻経管栄養のメリット、デメリット、適応などをお伝えしています。

続きを読む

口から食べられなくなり、胃ろうをすべきか迷うときに考える2つの事

高齢者認知症や嚥下障害で、口から食べられないと診断された時、本人が判断できない場合は家族が今後のことを決めるのにとても悩みます。ここでは胃ろうについてと、胃ろうをすべきか迷う時に考える2つのことをお伝えしたいと思います。

続きを読む

誤嚥性肺炎になったら、本当に口から食べられないのか?

誤嚥性肺炎と診断されると、抗生物質による治療が開始されるとともに、発熱や咳などの症状が落ち着くまで、食事が止められます。誤嚥性肺炎になったからといって、必ずしも口から食べられない訳ではありません。口から食べられない場合はどういう時なのか、また再び口から食べるのに必要なことは何なのかお伝えします。

続きを読む

「口から食べられない」ってどういうこと?専門家はどう判断しているの?

脳卒中後に食べられなくなったり、飲みこめなくなる摂食・嚥下障害という後遺症が残ることがあります。「口から食べられるかどうか」の判断は飲みこみの専門家である言語聴覚士の仕事のひとつです。この記事では、言語聴覚士が患者さんをどのように診て評価をしているのか、お伝えしています。

続きを読む