【ためしてガッテン】唾液パワーと最新ドライマウスの原因と対処法

2018年7月4日に放送された【ためしてガッテン】は、免疫力UP&口臭予防!唾液パワー全開SPでした。この放送ではドライマウスについて最近明らかになってきた原因と、その対処法についても取り上げられました。この記事では放送の内容をまとめると共に、言語聴覚士からの視点でさらに情報を補ってお伝えしたいと思います。

続きを読む

【きらッコノート掲載】介護福祉士必見の摂食・嚥下と認知症の記事紹介

介護福祉士、介護職を目指している方への情報を発信しているサイトきらッコノートに、当ブログの記事をご紹介いただきました。当ブログの記事の中には、介護士さんや、これから介護職を目指している方に知って頂きたい内容も含まれています。紹介された記事以外に、介護に携わる方に是非読んで頂きたい記事をご紹介したいと思います。

続きを読む

誤嚥性肺炎の基礎知識~予防法、リハビリテーションについて

日本人の死亡原因の第3位である肺炎。その肺炎で亡くなる方の97%は65歳以上の高齢者です。高齢者になると誰でもかかる可能性のある肺炎ですが、その中でも飲みこむ力が低下することによって起こる誤嚥性肺炎にターゲットを絞り、誤嚥性肺炎の基礎知識から、予防法、リハビリテーションについてまとめました。

続きを読む

摂食・嚥下障害の基礎知識からリハビリテーション、困りごとへの対処法まで

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)後に食べること、飲みこむことがむずかしくなる摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害の基礎知識から、リハビリテーション、摂食・嚥下にまつわる困りごとへの対処法までまとめました。

続きを読む

胃ろうをつくるとどのくらい生きられるのか?途中でやめることはできる?

何らかの原因で口から食べられなくなって、他の栄養を摂る手段を考えなくてはならない場合、選択肢の一つとして胃ろうがあります。実際に胃ろうをつくるとどのくらい生きられるのか、また、途中で胃ろうをやめることはできるのか、ということについて胃ろうの目的別にお伝えします。

続きを読む

高齢者嚥下障害の方にできるだけ安全に食べてもらうための食事介助のコツ

高齢者の嚥下障害の方では、自分で食べることができないけれど、お手伝いをすることで食べることができる方がたくさんいます。食事介助の方法次第で誤嚥性肺炎を防ぐこともできます。高齢者嚥下障害の方の食事介助のコツをお伝えします。

続きを読む

繰り返す誤嚥性肺炎のリスク~できるだけ再発を予防するための方法

日本人の死亡原因の第3位である肺炎。肺炎で亡くなるのは75歳以上の高齢者で、そのほとんどが「繰り返す誤嚥性肺炎」によるものと言われています。誤嚥性肺炎のリスクとぜ誤嚥性肺炎は繰り返してしまう原因を考えるとともに、誤嚥性肺炎を予防するための方法についてもお伝えします。

続きを読む

誤嚥ってそんなに危険?脳卒中急性期の嚥下障害で誤嚥を防ぐ2つの鉄則とは。

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)を発症すると、急性期には約30%に嚥下障害がみられます。言語聴覚士が、脳卒中を発症したばかりの患者さんに一番気にかけることは「誤嚥」です。誤嚥がどういうものなのか、誤嚥するとどうなるのか、そして誤嚥を防ぐための鉄則をお伝えしています。

続きを読む