【きらッコノート掲載】介護福祉士必見の摂食・嚥下と認知症の記事紹介

このたび、介護福祉士、介護職を目指している方への情報を発信しているサイトきらッコノートに、当ブログの記事をご紹介いただきました。 ご紹介頂いた記事はこちら。   今回のテーマは「認知症への理解を深め、明日への介護につなげたい方にオススメの記事」。 認知症への対応法や、予防法など様々な角度からの書かれた記事10本が紹介されています。 その中の1記事に取り上げていただき、本当にありがとうござ

続きを読む

誤嚥性肺炎の基礎知識~予防法、リハビリテーションについて

誤嚥性肺炎という病気をご存知でしょうか? 肺炎は、がん、心疾患についで日本人の死亡原因の第3位になっています。 その肺炎で亡くなる方の97%は高齢者という統計もあります。 高齢者になると誰でもかかる可能性のある肺炎ですが、その中でも飲みこむ力が低下することによって起こる誤嚥性肺炎にターゲットを絞り、誤嚥性肺炎の基礎知識から、予防法、リハビリテーションについてまとめました。 そもそも

続きを読む

摂食・嚥下障害の基礎知識からリハビリテーション、困りごとへの対処法まで

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)になると、食べ物が食べられなくなったり、水分が飲みこめなくなる障害が出ることがあります。 それが摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害です。 この記事では摂食・嚥下障害の基礎知識から、リハビリテーション、摂食・嚥下障害の困りごとへの対処法について書かれた記事をまとめて紹介しています。 摂食・嚥下障害とは まず摂食・嚥下障害についての基礎知識が知り

続きを読む

胃ろうをつくるとどのくらい生きられるのか?途中でやめることはできる?

何らかの原因で口から食べられなくなって、他の栄養を摂る手段を考えなくてはならない場合、選択肢の一つとして胃ろうがあります。 選択するにあたって、実際に胃ろうをつくるとどのくらい生きられるのか、また、途中で胃ろうをやめることはできるのか、ということも情報として知りたいところではないでしょうか? この記事では胃ろうをつくる目的別に、胃ろうをつくった後のことについてお伝えします。 胃ろうと

続きを読む

食事のときに激しくむせるのはなぜ?その原因とむせないための対処法は?

食事の時に、何かの拍子で息道に入ってしまって激しくむせ込むという経験は誰にでもあるのではないか、と思います。 とても苦しくて、涙も出てきますよね。 そんな激しいむせの頻度が、最近多くなってきていませんか? 歳をとってくると、のどの力も衰えてきて、むせやすくなることがあります。 放置しておくと、後に肺炎になったり、それが原因で命を落とすことももあるかもしれません。 この記事では、なぜむ

続きを読む

高齢者嚥下障害の方にできるだけ安全に食べてもらうための食事介助のコツ

高齢者の嚥下障害の方では、自分で食べることができないけれど、お手伝いをすることで食べることができる方がたくさんいます。 スムーズに食べてくれる場合はいいのですが、なかなか飲み込まなかったり、誤嚥する危険があったり、むせてしまったり、いろいろトラブルがつきものです。 ここでは、できるだけ安全に食べて頂けるような食事介助の基本となるコツをお伝えしたいと思います。 食事はできるだけ30分以内に

続きを読む

繰り返す誤嚥性肺炎のリスク~できるだけ再発を予防するための方法

日本人の死亡原因の第3位である肺炎。 肺炎で亡くなるのは75歳以上の高齢者で、そのほとんどが「繰り返す誤嚥性肺炎」によるものといわれています。 たかが肺炎、されど肺炎。 誤嚥性肺炎は命を奪ってしまうほど、危険なものなのでしょうか? なぜ誤嚥性肺炎は繰り返してしまうのでしょうか? これらの疑問を考えるとともに、誤嚥性肺炎の再発を予防するための方法をお伝えします。 誤嚥性肺炎と

続きを読む

誤嚥ってそんなに危険?脳卒中急性期の嚥下障害で誤嚥を防ぐ2つの鉄則とは。

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)を発症すると、急性期には約30%に嚥下障害がみられます。 我々言語聴覚士が、脳卒中を発症したばかりの患者さんに一番気にかけることは「誤嚥」です。 それは、時に命を奪ってしまうこともあるほど、危険なことだからです。 ここでは誤嚥がどういうものなのか、誤嚥するとどうなるのか、そして誤嚥を防ぐための方法をお伝えします。 誤嚥とは? 通常、食べ物や飲

続きを読む