【ためしてガッテン】唾液パワーと最新ドライマウスの原因と対処法

2018年7月4日に放送された【ためしてガッテン】では、免疫力UP&口臭予防!唾液パワー全開SPでした。

この放送ではドライマウスについて最新の研究結果も取り上げられました。

この記事では放送の内容をまとめると共に、言語聴覚士として、さらに情報を補ってお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

唾液の成分と役割

シアル酸 育毛
リゾチーム 抗菌
分泌型免疫グロブリンA 抗菌
ヒスタチン 傷の修復
ハイドロキシアパタイト 歯の修復
アミラーゼ 消化
ムチン 保湿・粘膜保護

引用:ためしてガッテン!番組内

 

 

唾液の役割についてはこちらの記事にも詳しく書かれています。

 

緊張するとのどが渇くのはなぜ?

緊張したりプレッシャーがかかった場面で、のどがカラカラに乾いてしまうという経験は誰にでもあると思います。

これは緊張によって、唾液が少なくなってしまうからです。

唾液が少なくなっているというのは、単に量が減っているのではなく、唾液の成分が濃くなっているのだそうです。

なんと、これは自分を守るために身につけた人体の仕組みなのだそうです。

 

動物でも怪我をしたときには自分や他の仲間から傷をなめます。
唾液にはヒスタチンという傷の修復作用があります。

いわば、唾液が自然の「きずぐすり」です。

怪我をするかもしれないという緊張の場面で、量は少なくても濃く効果の高い唾液が分泌されることで自分の身を癒してきた進化の歴史の名残なのです。

 

そういえば、昔は転んでけがをしても「唾つけとけば治る」と言っていたおじいさん、おばあさんがいたなぁと思い出します。
子どもの頃は「傷口をなめるなんて汚いなぁ」なんて思っていたけれど、科学的にみてもこれは正解だったのですね。

 

 

さて、緊張から解放されれば、唾液の量はもとに戻るのが正常です。

しかし、中には唾液の量が戻らず、常に唾液が少ない状態の人がいます。
それがドライマウス(口腔乾燥症)です。

 

ドライマウスはなぜ起こる?

ドライマウスの症状

・強烈な口の渇き
・常に口内炎
・強い口臭
・増える虫歯
・味が分からない
・様々な感染症
・誤嚥(ごえん)
・肺炎

引用:ためしてガッテン!番組内

ドライマウスの原因はストレス脳も

ドライマウスの原因となるのは

・シェーグレン症候群
・口呼吸
・降圧剤などの薬の副作用

が考えられますが、その他に、ストレスに敏感な脳が常にストレスを感じ続けることによって、唾液の分泌が減ってしまうということが明らかになってきました。

 

ドライマウスの症状によるストレス
常に口の中が不快
口臭が気になり人と会うのを避ける
口内炎が痛い
食べる楽しみがない

常に脳はストレス(緊張)を感じている状態に。

その結果、唾液の分泌も抑えられてしまう。

 

Sponsored Links

 

ドライマウス対処法

ストレス脳によってドライマウスになっている場合の対処法は

ドライマウスから気をそらすこと

例)横断歩道の白色だけを踏んで渡る   
  オカリナを演奏する   
  窓を拭く  
  お風呂の目地を掃除する

ドライマウスのことを忘れるくらい没頭できることをやることで、脳へのストレスが軽減され唾液の分泌を促す方法です。

シェーグレン症候群の場合は

唾液を分泌する唾液腺そのものに原因があります。
この場合は、気をそらすことはあまり効果がありません。
唾液分泌促進薬が処方されます。 

 

うまみドリンク

昆布に含まれるうま味が唾液分泌を促します。

作り方

細かく切った昆布 30g
水 500cc

1日つけておく

のどの渇きを感じた時、1日10回ほど、うまみドリンクで口に含んでゆすぎます。
飲む必要はありません。

 

 

ドライマウス セルフチェック法

  • 口の渇きが3ケ月以上続く
  • 口内炎がよくできる
  • 口臭が常に気になる
  • 虫歯になりやすい
  • 目や鼻の中が乾燥する

 

気になる症状があれば、ドライマウス専門外来や耳鼻咽喉科、歯科、口腔外科などを受診することをオススメします。
またドライマウス研究会のホームページではドライマウスの知識を持った専門家を探すこともできます。

 

こちらの記事では口の乾燥対策として、口の体操やオススメの保湿剤も紹介しています。

 

まとめ

私は言語聴覚士として、日々飲みこみのリハビリをしています。
実際に、口が渇いてしまっている患者さんがとても多いと感じます。
口が渇いた状態では、食べ物は食べにくいですし、なにより口腔内が不潔になりやすく誤嚥性肺炎を引き起こしやすくなります。
患者さんからも不快の訴えを聞くことも多く、対処法に苦慮していました。

今まで加齢やシェーグレン症候群、口呼吸が口の乾燥の原因と思っていましたが、今回の番組の内容で、ストレスに敏感な脳が原因ということをはじめて知りました。
ドライマウスに対して今まで何を試しても難しかった方は、もしかしたら、これが原因だったのかもしれません。


となると、この対処法で救われる方が多くいらっしゃるのではないかと思います。

 

ドライマウスの原因の一つとして、精神的なものがあるということは、少し意外でした。
「気をそらす」ということは、自分が好きなことに没頭すればいいので誰にでもチャレンジできる方法であるのと同時に、その人の性格や考え方によって効果が出にくい場合もあるのかなと思いました。

また、入院中で限られた環境ではなかなか「気をそらす」ということは難しいですね。

まだ最近明らかになってきた研究結果なので、さらなる結果を待ちたいと思います。

 

飲みこみの障害~摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害についてはこちらの記事を参照ください。

Sponsored Links

コメントを残す